NOBUNAGA.xyz

HOME > BLOG > スコール一過、赤城山麓パトロール

スコール一過、赤城山麓パトロール

先週のルナチックジャム・ミーティング。お預けされて溜まりに溜まった「バイク乗りたい熱」を、今日こそは発散と、今日の午後そこはドドーンと、ムラムラしておった日曜お昼。ランチを済ませたらさぁ出発だ!と鼻息荒くいきり立っておったらなんだか西の方からビュービューくるじゃないの。怪しい雲と風が。みるみる間に暴風雨。折れんばかりに揺さぶられる木々、飛んでく葉っぱや新聞紙。あまりの暑さにお天道様もヒートアップ、制御不能な風神さんに、唸るイナズマ雷神さん。

こりゃ本日無理だわと、ため息ひとつつく頃に、西の空には青空のぞき、あっという間に晴天に。晴天の霹靂。イヤ、それを言うなら霹靂と晴天。気がつきゃあっぱれ日本晴れ。熱されたアスファルトのお陰で路面もすっかりドライなご様子。ご機嫌斜めな我がままジーザスに振り回されるも、よし、これなら行ける、と。

雨上がりの日曜午後3時。久々にキックする。チョークを引いて一回、二回、三回目。久々に息を吹き返す空冷単発400cc。チョークを戻しグローブ・ヘルメットを。

走り出しはスロットルを控えめに。自宅付近の住宅密集地。スタイルはワイルドでもご近所さんには繊細チキンハートなのだ。

目指すは一路赤城山麓、第二南面。千本桜を斜に抜け、更にもう一段上へ。
空気感も変わり、若干の肌寒さも。タンクトップで来てしまった事に軽く後悔しつつ、赤城山麓ワインディングをスーパー・スローペースで。

2014.7.27 赤城山麓パトロール

行って戻って大凡1時間程の赤城山麓パトロール。溜まったモヤモヤもすっかり放出しきった夕暮前。そろそろ帰路へ。途中、赤城の神様にかしわ手打って、生かして頂き有難う御座位ますと。

やっぱ、バイクは良い。たまらない。
Kさん、Sちゃん、たまには皆でツーリングなんてのもオツですよね?
お時間合えば是非是非(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です